ピーチジョイ・スタッフ 浅野こうめ日記

東京女子エロ画祭Vol.2 グランプリは大学生3人組

投稿日:2011年10月17日 更新日:


PJ_banner

こんにちは(・∀・)つ竹之内ももこです。
女性向けアダルトサイト PeachJoyのスタッフです。
10月15日(土)東京・阿佐ヶ谷LOFT Aにて「第2回東京女子エロ画祭」が開催されました。
この催しは、写真、イラスト、アニメーションからドキュメンタリーまで、様々なカタチと表現方法でプロ・アマ問わず女性によって作られた作品を募集。予選を通過した作品を会場に来た客が投票しグランプリを決定するというもので会場は沢山の来場者で埋め尽くされました。
P1650301

(審査員とGP候補の皆さん)
投票の結果、予選を通過した12作品の中からグランプリを受賞したのは大学生3人の(仮)男子 の作品「もし女子大生がAVを撮ったら」でした。この作品はモデルになる男の子のナンパの模様や、面接なども盛り込まれ、さらに「射精の瞬間の顔」つまりイキ顔を逃さないよう2台のカメラで迫った臨場感溢れる動画で多くの表を集めました。(仮)男子の3人は大学4年と3年の3人組。撮影で苦労した点は男の子が緊張してなかなか勃起しなかった事。目隠しをした時カメラを意識しなくなったので興奮し、撮影が進んだそうです。また面接では何組も面接し撮影日まで決まったのにドタキャンされたりと苦労も多かったようです。
P1650371

(作品上映)
P1650379

(作品のお話など聞いたり)
P1650393

(賞金3万円が!)
P1650404

(グランプリ喜びの笑顔=(仮)男子の皆さん)
審査員特別賞には もきゅ さんの「脳みそ白紙」が受賞。11点のイラストでエロスを表現。もきゅさんの個性的なキャラも光っていました。
P1650388

(もきゅさんの作品は11点のイラスト)
今回のイベントの審査員は女性発信のイベント、映像作品をプロモートする「神田つばき」さん、女性監督「安藤ボン」さん、グラフィックデザイナー&フォトグラファーのもも小春さん、MCにJuicyDinerなどのプロデュースを手がけるパラダイスTVの藤井彩さん。
第3回目も来年の10月に開催予定され、来年8月31日が締め切りとなっています。
エロを表現したい女性の皆さん、応募してみては?
関連サイト東京女子エロ画祭 公式サイト
東京女子エロ画祭twitter公式アカウント @tokyoeroga)
エントリー作品
1.愚か者ね、あなたたちは。(山田はるか)
2.愛情(水無月み遊)
3.経血の赤/白濁の理(雨宮里江)
4.ハム屋さん(藤山京子)
5.15歳。(ふくだみゆき)
6.蝶になれない(若林わかめ)
7.女は女である(小田島さよ)
8.海岸(イトウユキ)
9.無償の愛&(及川なまこ)
10.ドギー・スフィンクス(ロビン)
11.もし女子大生がAVを撮ったら((仮)男子)
12.脳みそ白紙(もきゅ)
P1650324

(No.4ハム屋さん)
P1650350

(膣の締め付けでバイブが動くグッズも販売!)
P1650306

(左:安藤ボン監督・右:神田つばきさん)
P1650402

(エントリーされた皆さんと審査員)

PJ_banner

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

AsanoKoume

元・IT系企業勤務。現在は女性のセクシャルライフを応援する、女性向けアダルト動画配信サイト「PeachJoy」スタッフとして日々奮闘する。日本で一番AVを観てる女。毎月50本以上のAVを見ては研究に励む。海や山など自然をこよなく愛す20代後半の独女。

おすすめ記事

-ピーチジョイ・スタッフ 浅野こうめ日記

Copyright© PeachJoy プレス , 2019 All Rights Reserved.