オトコは見た目でしょ?~ゲイ・YOSA-PUエッセイ

#16 3番目のオトコ

投稿日:2012年12月25日 更新日:


PJ_banner

「今日、来て正解だった(笑)」
新宿のモスバーガーで、出会い系で3番目に出会った1コ上の彼はそう言った。
バイセクシャルの彼とはお互い顔も知らず、2~3ヶ月くらい毎日のようにメールして「そろそろ会おうか?」っていうことで会った。
僕はドキドキしていた。
相手のルックスも気になっていたけれど、僕のルックスを彼が受け入れてくれるかの方が心配だった。
そして待ち合わせ場所に現れた彼は、口髭にオシャレパーマのそりゃ、もう、女子にモテそうなカッコイイ人だった。
僕は驚きを隠せなかった。
メールではカワイイ絵文字なんかを使っていたのに“こんなにもノンケなオトコっぽいイケメンがオトコともヤッてるんだ…”って(笑)
モスバーガーへ移動して暫くお互いのことを話した。
彼は「元々コッチの世界に興味はあったけど、普通にモテたし、オンナに不自由しなかったからw」と。
「だけど、出会い系ができてちょっと投稿してみたら最初に会ったコが良過ぎてハマったw」って。
「今はオトコの方が割合い多いねw」と。
僕は彼みたいな普通にノンケっぽい人がタイプだったから、“もしかしたらこの人イイのかも…”なんて思っていると彼が「今日、どうする?」と僕に聞いてきた。
ドキドキしながら『僕と…ヤリたいですか?』と尋ねると「ヤリたい!w」と彼。
『…ぢゃ、ヤリましょうか?w』と僕。
「今日、来て正解だった(笑)」と彼が笑った。
ホテルは彼が探してくれた。
僕はまだ3回目のSEXだったからどうしたらいいのかあまりよくわからないでいた。
すると彼が気を遣ってくれて、ホテルでも少し話して、それからシャワーを浴びて、ベッドへ。
隣同士に座る僕と彼。
すると彼が僕に「カワイイ♪」と言って長いディープキスをしてきた。
僕は彼に任せるしかできなかった。
こんなに長いディープキスは初めてだ。
彼の香りが僕の中に入ってきて、僕は“こういうことなのかな…”って思った。
ワイルドな風貌と違って、僕を見る彼の二重でバンビみたいな目を“カワイイ”と思った。
でも“口髭ってチクチクして邪魔!”とも思っていたw。
そして僕をギューッと抱きしめてくる彼。
僕は興奮した。
スベスベの肌にスリムで程良い筋肉。
エロいカラダのオトコにキツく抱きしめられることがこんなにも気持ちのいいことだってこの時初めて知った。
ゲイである自分を受け入れることに悩んでいた過去の僕。
女子との恋愛に疑問を感じていた過去の僕。
“オトコを好き!”って言い出せなかった過去の僕。
斉藤由貴の“終わりの気配”を毎日聴いていた過去の僕。
“ひとりだな…”って強く感じていた過去の僕。
いつも淋しくて夜になると長電話ばかりしていた過去の僕。
そんな僕をキツく抱きしめてくれた最初の人が彼だった。
僕はそのキツさにアソコを固くしながら幸せを感じた。
“あぁ、こういうことなのかな…”とまた思って、僕も彼のカラダをキツく抱きしめ返した。
乳首はコソバユイから断ると、彼はフェラをしてきた。
でも僕はやっぱり恥ずかしくて声は出せなかった。。
そして『僕も!』と彼のペニスを舐めた。
彼は「ちょっ!ちょっと! YOSA-PU上手すぎない?! ホントに人生2回目のフェラ??」と僕に言うから『ホントだよ!!w』と答えてくわえた。
“やっぱりアソコってカワイイ♪”と思って可愛がっていると、彼の興奮が絶頂に達したらしく、彼が「出る!」と言うからフェラをやめ、手でしごくと精子がたくさん出た。
「YOSA-PU、絶対上手過ぎだよ! 2回目なんて絶対にウソだって!!w」と言うから『何言ってんの! ホントだって!!w』と言うと、彼が再び僕のモノをくわえてきた。
そして僕もフィニッシュ。
その後はまた抱きしめてくれて、キスをしてくれて、ふたりで抱き合いながら眠った。
人の温もりを強く感じた。
彼の息遣い。
彼のカラダ。
彼の筋肉。
彼の腕。
彼の肌。
彼の体温。
“これがSEXなのか…”と思った。
こういう風にみんながやっている“普通”のことを僕はなかなかできずにいた。
裸で人に抱きしめられて。
裸で人を抱きしめて。
相手の温もりを感じて受け入れて。
自分の温もりを相手に受け入れてもらって。
お互いに熱くなって、固くなって、興奮して。
そして彼の腕に包まれて眠る。
次の朝、僕等はベローチェへ行って、ちょっと遅めの朝食を済ませて別れた。
また近いうちに会う約束をして◎
16

【YOSA-PU(よさぷ) プロフィール】
大学時代、写真による創作活動をスタート。
何故かオトコ以外は撮りたくならず、自分がゲイであることを認識。
現在はモノ作りワークを生業にしている。


PJ_banner

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yosapu

YOSA-PU(よさぷ) 大学時代、写真による創作活動をスタート。 何故かオトコ以外は撮りたくならず、自分がゲイであることを認識。 現在はモノ作りワークを生業にしている。

おすすめ記事

-オトコは見た目でしょ?~ゲイ・YOSA-PUエッセイ

Copyright© PeachJoy プレス , 2019 All Rights Reserved.